スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックで声をかけられる。

先日友人とマックで世間話に花を咲かせていた時のこと。

20代後半と思われる、色の白いアジア女性が突如私達の話に割って入ってきた。

「日本語が聞こえたから、ついうれしくなって〜」と、

友人のすぐ隣の席にどっかりと座り込み、こちらのことはおかまいなしに喋り始める。
そして、彼女の連れ(40代の女性)までもがすっと向いの席に座り、
彼女の話にうんうんと相づちをうちだした。

瞬間的に変だと思ったものの、私も友人もそれぞれ子供がベビーカーと抱っこひもの中で
熟睡中だったので、ぱっと逃げるに逃げられず...。

そのアジア人の彼女は『自分が如何に日本が好きか』を滔々と語りだし、
日本のアニメが好きなので、どこにいったらDVDを買えるかと聞いてきた。

やっぱりおかしい。

何故かというと、私達がいるマックの、目の前のエスカレーターを降りてすぐ目の前に
日本のDVDを沢山扱っているお店があるから。
ここのショッピングセンターが初めてでなければ、誰でもわかる。

それでも、もしものもしもで、本当に日本のアニメが好きなだけの人だったら悪いので、
そこのエレベーターから降りてすぐのDVDショップに沢山あるよ、と言ってみる - 
「じゃあ、すぐそこに行ってみます。ありがとう!」と席を立つ - という
リアクションを期待しながら。

そうしたら、「え?どこ?そうそう、私は本当に日本が好きで...」と
再び友人をとっつつかまえて話し始めた。

いやーな感じ〜。

その次の瞬間、そのアジア女性、リュックサックの中からカラフルなリボンでデコレート&
共布で作った大きな花まで付いたペンを取り出し、

「私ね、日本人に会えたら、
私が日本のことをどれだけ好きか、
その気持ちを伝えられるように、
コレを渡すんだ〜って思いながら、
今朝からずっと作っていたの。
是非、受け取って♥」


文面に起こしながら、ほとほと呆れ返るというか、

乾いた笑いしか出てこないのですが、

こんな大昔の少女漫画のセリフ
何のてらいもなく会話に出せる人間が、
現代にまだいるんですねえ〜。

愛の国のイタリア人でも、恋の手練フランス人でも、
これはさすがに無い。(と思いたい)

いやあ、もうこのあたりで皆様にはバレバレですね。

はい、某半島にある国の新興宗教の勧誘でした。

日本人が好き!日本人は礼儀正しい、素晴らしいと褒めたたえるわりには、
日本人のマナーとされる、「相手の様子を察すること」が致命的にできない彼ら。
こちらの都合おかまいなしで自分の話をどんどん進めてくるのは、
私の知る限り某半島人しかいないのですが、私の経験上、
彼らは何故かマックで声をかけてくるのです。

例えば、50代と思しき男性@フランクフルト。
スーツではなく、作業着風の暗い色目の上下といった風体で、
「あなたは日本人ですか。私はずっと日本人を捜していました」と、
普通に日本人なら光速でどん引きするセリフでもって話しかけてきたので、
私は(一人でいたので)遠慮なくダッシュで逃げさせていただきました(爆)
当時、拉致被害者のことが公になり、手口が詳しく報道されている頃でしたし...。

それにしても、何故、「私は不審者です」感に力一杯溢れている
セールストークで行く事になったのか、
マーケティング担当者は一体何を考えているのか、不思議でなりません。
もしマニュアルがあるとするなら、おそらく昭和40年代頃から
改訂されてないと推察されます。

今回も、ペンの後に、「あなた、教会に興味ない?」と
薄いオレンジ色の冊子が出てきました。
(勿論、丁重に、即お返ししました。)

後で友人と、
「『出るか?!アレがやっぱり出て来るのか?!!』と思ってたけど、やっぱり出たね!」
「期待を裏切らない展開だったね!!」

と一瞬盛り上がったのは言うまでもありませんが、しかし、
自分達がそれまで何を話していたのか肝心のところがすっかりとんでしまい、
「か、帰ろっか...」と脱力状態で家路についたのでした。

いやー、疲れました。

宗教は『聖☆おにいさん』があれば十分です。


スポンサーサイト
コメント

ありがちです

私、日本でそういう勧誘の仕方に遭いました。
いきなり、「あなたのファッションセンス素晴らしいわ。是非、お友達になりたいの。ちょっとお茶でもしない??」と言われまして・・・。彼氏と待ち合わせしてるからと断りましたが。
こともあろうに、同じ手口で、同じオバサンに、同じ場所で二週間続けて、声かけられました。

韓国の宗教も、なかなか活発なんですね。
そうそう、日本人が多い場所だと、某国でもあれこれと勧誘の手が伸びているとか。私の知人は、会社の上司が執拗に某学会に勧誘するので、いたたまれなくなって会社を辞めたそうです。

Re: ありがちです

らくださん、

> 私、日本でそういう勧誘の仕方に遭いました。
> いきなり、「あなたのファッションセンス素晴らしいわ。是非、お友達になりたいの。ちょっとお茶でもしない??」と言われまして・・・。彼氏と待ち合わせしてるからと断りましたが。
> こともあろうに、同じ手口で、同じオバサンに、同じ場所で二週間続けて、声かけられました。

日本でもそういう勧誘有りなんですね。
それにしても、同じ人に、同じ手口で、同じ場所で二週連続とは、
もしかしたら本当にらくださんのファッションが好みのタイプどストライクだったのかも?


> 韓国の宗教も、なかなか活発なんですね。
> そうそう、日本人が多い場所だと、某国でもあれこれと勧誘の手が伸びているとか。私の知人は、会社の上司が執拗に某学会に勧誘するので、いたたまれなくなって会社を辞めたそうです。

韓国人、日本人嫌いなのに、どうして好きなフリをしてまで勧誘しようとするのか、不思議なものです。
某国の日本人社会の中で勧誘、あるでしょうね〜。実は、私も、らくださんの知人と似た経験をしました。それだけが原因ではありませんが、その仕事場に居づらくなったのは事実...。
そういう経緯もあって、海外で初対面なのに親切な日本人を警戒する癖がついてしまっていたのですが、常夏国の日本人社会はあまりにもあっけらかんとしていて、宗教の香りなんて全くしないので、拍子抜けしました。
今はそれが慣れっこになっているので、この調子で某国に住んだら、今度はこっちが警戒されるかもしれません(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。