スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.11考。

9.11が近づいたある日、自宅でテレビをつけたら、
星条旗国の日系人を追ったドキュメンタリーがふと目にとまった。

9.11直後、星条旗国内の空港において、アラブ・イスラム系の
乗客に対する手荷物検査を強化・徹底しようという世論が高まる中、
「いかなる問題も人種で差別してはならない」と"人種プロファイリング"を
断固として拒否した、当時の運輸省長官、アジア系初の星条旗国閣僚でもある
Norman Minetaさんを中心に、日系人が9.11直後にアラブ・イスラム系の人々への
差別へ立ち向かった姿に迫った番組で、ついつい見入ってしまった。
(ちなみにMinetaさんは日系2世、第二次大戦当時の強制収容所も経験しており、
戦後、星条旗国政府による日系人への謝罪と名誉回復に尽力した第一人者でもある。)

9.11直後、「アラブ・イスラム系の犯行という情報が出ている。
私は外に出るのが怖い」とラジオにメッセージを寄せ、
それを聞いてすぐに「人種差別が行われないよう」呼びかける行動を起こした
日系女性(やはり強制収容所経験者)の話や、
モスクに礼拝に来ている人達へのインタビューもあった。

日本のテレビのインタビューに答える星条旗国の中東系の人達は、
某国の同郷の人達と比べて、びっくりするほど落ち着いてみえた。

「差別は起こるかもしれないけれど、でも大丈夫だと思う」と
淡々と語る人の姿が目立っていた。

もしもこれが某国だったら? 

...こんな受け答え、想像できない自分がいる。

この差って何なんだろう。と思った瞬間、

ああそうだ、彼らは皆星条旗国で、独立して生計を立てているんだから、
どんな状況においても揺るぎない、確固としたものがあるはずだと、
ちょっと合点がいった。

星条旗国は、自分で働かなければ、生活の保障なんて「無い」。
自分のルーツや伝統を大事にするためにモスクに集うけれど、
誰もが真面目に働き、税金を納め、星条旗国の国民の義務を果たしている。
彼らの子供達は皆学校で英語を学び、星条旗国の教育を受入れ、
星条旗国人たろうとしている。

某国では、最近、イスラムの常識を学校に持ち込み、男子生徒が女性教師を脅し、
授業を妨害し、ついには教師の嘆願で閉校という事態@首都が起きているけれど、
星条旗国で、中東系生徒による授業妨害だとか事件なんて聞いた事がない。

何がどう違ったら、こんなに違ってしまうんだろう。

9.11以来、某国における中東系による犯罪は劇的に増えた気がする。
元々多かったけれどあまり報道されなかっただけなのか、
それとも9.11の影響で、某国の彼らにより目が(それも「差別的な」目が)
向けられるようになったのか??

星条旗国と欧州某国、比べても仕方のない話かもしれないけれど、
実際問題として、某国での中東系による犯罪率は赤丸急上昇。

私は9.11当時ちょうど某国で語学学校に通っていて、
中東系のクラスメートも沢山いたので、彼らに対する差別があったのは薄々知っている。
(事件直後から「一人で外を歩くと危ない」といって、
日頃は会話がない年齢差の人達ですら一緒に行動していたので、
おそらく暴言や言いがかりがあったと推測)

だから、中東系を理由に差別って本当に良くない!とは思っているんだけれど、

うちの旦那が、兵役に行っていた当時、軍服で歩いていただけで
中東系のにーちゃん達にヒューッと口笛吹かれ、
(口笛一回)豚が一匹、(口笛二回)豚が二匹...とケンカ売られたとか、
数年前にも、軍服着たまま空港(旦那の地元)を歩いていたら、
(※予備役なので、某国に帰省するタイミングで行事があると参加したりする)
「人殺してきたんだろう!」と叫ばれたりするのを聞くと、
それはそれで、たまったもんじゃない...。

本当に、某国ではこの問題はどう落としどころを見つけるんだろうか。
我慢している某国人は、かなりの我慢を強いられているんですけど???

話は戻るけれど、このNPKさんの番組、とっても良かったのです。
強制収容所経験者も、今だからこそ話せるという思いもあったのだと思うし、
星条旗国における日系人の歴史、強制収容所での生活ぶり、そして現在の姿、
知られざる一面がかなり明らかにされた感じです。

ただ、「中東系=悪い人じゃない!差別はよくない!」という描き方、
これは構成上の都合でもあるだろうし、
勿論星条旗国においては「そう」なんだろうけど、
情報の受け手である多くの日本人は、
「星条旗国でこうなら欧州でも同じなんだろう」と思ってしまいそうな気がして、
ちょっと唸ってしまった。

NPKさん、次回は欧州某国の移民政策と現在の姿もドキュメンタリーにして、
「『欧』の人々・『米』の人々」なんて感じで、
セットで流してくれないでしょうか。

でも、某国の彼らに突撃インタビューするような猛者なんて、さすがにいないか...。


スポンサーサイト

始まりは2年前。

本日は鬼嫁ネタです。長文な上、愚痴もあるので、
苦手な方は本日これにてごきげんよう。m(__)m




前記事でちょっと触れた、某国のフェミニスト世代の教職者。
実は、身近なところに実例がいます。
しかも、旦那の父親の再婚相手。(爆)

実は、Rottenmeierさんの所にコメントした、50過ぎて初婚、プライベート充実中という、その彼女です。
50代も半ばの彼女が女性性を否定しながらもうちの義父との入籍に踏み切ったのは、
条件がよく(子供達は既に成人しているので手がかからない)、
義父が、某国男性にしては珍しいくらい女性に対して低姿勢、
女性を立てて話をする、女性の話を好んで聞くタイプだからだと思っています。
(うちの旦那は全く正反対で、あれは昭和というかむしろ明治の親父... 爆)


外面はいいし、社交的だし、同性には優しいので、
知り合った当初は全く気づかなかったのですが、
その昔、多感な時期に本で読んだり教師に教わったと思われる、
女性が家事や育児に専念させられるのは差別だ とか
女性は解放されるべき 男性は女性をもっと尊重すべき 云々を 
未だに頑なに信じ込み、一分の疑問も持っていない様子。

そもそも彼女に疑問を抱いたのは2年前。
当時、旦那の常夏国勤務が決まり、式後に新天地で新生活を開始というスケジュールで、
引越しの合間を縫って某国で式を挙げました。
私自身、それまでずっと仕事の引継ぎ・引越し・式の準備で忙しかったのですが、
式も無事に済んだし、まだ見知らぬ常夏国よりは某国の方が不安もないので、
滞在中に定期検診のつもりで近所の婦人科にかかりたいから、
どこか知らない?と尋ねたら、

「あなた子供欲しいの?」と、

さも不思議そうに、しかも私が「結婚したからには子供を産まなくてはいけない」と
古い因習に縛られているかのように、憐れんだ口ぶりで聞いてくるのです。

こっちの本音は全然違うんですけどね。

私にはむしろ、普通に異性のパートナーを持ち、女性としての生活を謳歌している彼女から
そんな発言がさらっと出てくることにただただびっくりするばかり。

ちなみに、この経緯を旦那に話したところ、
「駄目じゃん、あの人バリバリのフェミニストなんだから。
彼女とは今後一切そういう話はしない方がいいよ。
この子何も知らないのねって見下されるだけだから、
良い事無いよ」と言われ、絶句。
某国におけるフェミニスト、及び、某国人の思考回路って、
そんなことになってるんですねえ(爆)怖い...。

その後間もなく、常夏国で子供を授かったわけですが、
初孫の顔を見に常夏国にすっとんできた義父と同行してきた彼女、
二人ともが大瓶のシャンパンを抱えて我が家に来襲やってまいりました。
まあ、義父にとっては初孫ですし、息子(長男)である旦那と
祝杯をあげたいという気持ちはわかります。

でも、当時産後2ヶ月目に入ったばかり、昼も夜も無く授乳真っ只中の私に、

「あなたもシャンパン飲んだら?グラス1杯ぐらいだったら何ともないわよ」ときた。

それって日々思春期真っ盛りの子供達に接している教職者
発言としてどうなんですか...?

妊娠前にアルコール耐性がなくなってきた自覚もあったし、
母乳への影響が心配なので、とお断りすると、

「あなたが飲みたくないならそれでいいけど、そんなに心配しなくても大丈夫なのに」

こちらが気にし過ぎとおっしゃいたいのでしょうかねえ。
でも、赤ちゃんのことは母親が気をつけないと〜なんて言ったりすると、
おそらく火に油なので、黙ってスルーする事しか出来ず...。
嗚呼、某国人(嘆息)。

この時の彼女に対してのちょっとしたモヤモヤ感を抱えたまま、
今回某国に行ったわけですが、悲しいかな、主な滞在先は
元々彼女の持家である、義父と彼女の家。

そして、今回の滞在中、自分たちの関係は更に親しいものになったから、
これまでは遠慮して言えなかったこともどんどん言うわ!
言い出したのを皮切りに(私はその発言でどん引きしていたのですが)、
彼女、暴走。

娘(11ヶ月)に授乳していた私に、

「もうすぐ1歳ね。早く卒乳して、早く
あなたの身体を自由にさせなきゃね。
アルコールでも食事でも何でも、楽しめるようにならなきゃ」

授乳中なのでアルコールはもちろん、刺激物等も控えていたのですが、
どうもそれが彼女の目にはイコール束縛、何その制限の多さ!!と映っていた模様。
旦那に「赤ワイン美味しそうね〜♪いいな〜♪」と冗談で言いはしても、
私自身はアルコール無しの生活にまったく不都合を感じていなかったし、
むしろ日頃は食べられない某国料理をめいっぱい満喫していたくらいで、
そもそも授乳で自分の身体が不自由だなんて頭によぎったことすらなかったので、
本っ当に、余計なお世話っっっ!!!と、内心ふつふつと怒りながらも
表向きスルーしていたら、そんな私をよそに爆弾発言。

「そうそう、トイレトレーニングは、早まらないのよ。無理強いなんて絶対駄目。
子育てで迷ったり、わからないことができたら、何でも私達に相談してね。
私達は何でもよく知っているから。

ええ、あなたは猫2匹分のトイレトレーニング
経験済みかもしれませんが、人間の子育て経験の無い人に
「何でもよく知っているから」なんて言われても、

むしろその発言で
あなたの浅慮が見えるだけですから、
今後の平和なおつきあいの為にも、
もうその辺でやめといてください(切実)


子供を持つという選択をとうの昔に放棄した彼女ですが、
一旦老境に入ってしまうと、赤ちゃんという生き物はやはり可愛く見えるらしく、
うちの娘に「おばあちゃんのところに来る?」なんて話しかけているのが
これまたこちらの神経にさわることさわること。
旦那にも、今回の滞在中、やたら上から目線でちくちく説教をたれていたらしい。
ただ、肝心の義父が彼女にべた惚れなので、扱いに困ります...。

そして昨日、今年のクリスマス後〜お正月明けまでの10日間、
義父と彼女が我が家に滞在することが決定。
まさか今年に限って嫁苦行をすることになるなんて、思わなんだ...(泣)

某国女子の今昔。

今年の夏は某国に約1ヶ月ほど滞在しておりました。

旦那は出張や友人の結婚式でちょこちょこ帰ってましたが、私にとっては2年ぶり。
その昔、某国で一人暮らしを始めた日から数えるとちょうど10年目に当たります。

今回一番びっくりしたのは、

某国女子のスカート及びレギンス着用率↑UP!
レギンスの普及で、スカートスタイルへのハードルが下がってきた印象を受けました。
女の子モード全開のお洒落&可愛いショップも増えてきている気がします。
柔らかい雰囲気の、可愛いらしい女子も増えてきている気がします。
某国にお住まいの皆様、いかがでしょうか?

ようやくお洒落に目覚めてきたのか、はたまたフェミニストの洗礼を受けていない、
もしくはフェミなんてどうでもいいと思っている若い世代が増えてきたのか???

昔、某国に住んでいた頃、ショップでスカートが売ってはいても、
実際に街中でスカート履いてる女子はごく稀で、
冬場はともかく、夏場でも、パンツスタイルが多かった記憶があります。
とりわけ女子学生の中で「スカートなんて、女アピールうざっ」というような
風潮だった気も。
あれってなんですかね。
そういう時代だったんでしょうかね...。

勝手な憶測ですが、
某国の教職者に多いフェミニスト、その一番強気な世代がそろそろ退職になり、
影響が薄れてきているのかなあ...なんて。
それはそれで良かったなあなんて思う私は、自称・保守派でございます。

女性が女性らしい格好をし、お洒落を楽しむ余裕があるということは、
つまりは平和な時代なわけで、良いことだと思うのです。
私は個人的には、男は男でいい、女は女でいいと、そういうスタンスです。
どっちの性であっても長所短所はあるわけですし、
それならそれぞれが今の自分を楽しむ方向でいったほうがいいかなと思っているので、
今回、某国女子もやっと楽しみだしたのかな〜なんて、
なんだかちょっと嬉しくなったのでした。

最近の世の中ではあまり声高には言えないので、個人ブログで呟くのみですが...。

出生届の記入事項@常夏国

医療ネタが続いたところで、今回は出生届ネタ@常夏国。

ゴージャス麻酔科医が良い仕事をしてくれたおかげで
無事に長女を出産した翌朝、
出生届申請用紙を記入したときのこと。

子供の名前、両親の名前、国籍...と記入していったのですが、
次の枠内に何やら見慣れない単語が出現。

"Race"?レース??

旦那にこれ何だろね、と聞いたらば、半分ひきつりながら、

「これは...某国だったら人権団体がすっとんでくるレベルだね...。」

そう、 人種 を選択・記入する欄でした。

人種!って聞くと、某国及び欧米にお住まいの方、ちょっとドキッとしますよね〜。

でもここは複合民族・多文化共生を貫いている常夏国。
書類上でも、常夏国の多数派である華人は福建、客家、潮州、広東系等と
細かく別れており、その次にマレー系、インド系などと続きます。
(いつも何となく華人と一括りにしがちですが、ちゃんと○○系ってわかるのがすごい)

これに加えて、"Eurasian"(英語読みなので、ユーレイジアン)という枠もあります。
これは、その昔、常夏国に西洋人が来航しはじめた時代、
欧州からの航海は長く、厳しく、安全面も全く保障できなかったため、
本国から女性を連れてくることはほぼ不可能という状況でした。
その結果、西洋人男性と現地女性との結婚が増え、彼らの子孫は
ユーロピアンとアジアンのミックス=ユーレイジアンと名乗ったことに由来します。

話がそれましたが、外国人@アジア枠に、"日本人"というカテゴリーがきちんとあり、
ちょっと感動した私。

さて、ヨーロッパ人はどうでしょう。

まずは「コーカソイド」に始まり、

「北方ヨーロッパ人」
「南方ヨーロッパ人」
「インド人」...(以下略)

と続く。

東西ヨーロッパというのはよく耳にするけれど、
南北ヨーロッパ...。

よくぞ言い切った、というか、
むしろ清々しい気持ちになったのは私だけでしょうか。

北はスカンジナビア3国、ムーミン国、旧ロマノフ帝国、美食国?
南はフラメンコ国、パスタ国、オリンポス国辺りは確実。
酪農国も、北部を除いて、南に入ってよさそうです。
迷うのは、某国中部〜南部、旧ハプスブルク帝国、ハイジ国あたりかな?

うちの旦那は両親ともに某国北部出身、本人も見るからに北ヨーロッパ人の外見で、
IKEA国人やムーミン国人に間違われることがあったとしても、
パスタ国人やフラメンコ国人に間違えられることは99%無い人なので、
迷うことなく北方!にチェックを入れましたが、
もしかしたら某国中部〜南部出身の人は一瞬悩んだりするのでしょうか???

Pharyさんがお住まいの、ルートヴィヒ王のお膝元=北方ってイメージ出来ないし、
(オリンポス国から見たら十分北ですが)
ハイジの国の人にあなた南方よね?とも言いづらいし。
どうするんでしょうねえ。気になる。

なーんて、余計な事を考えながら記入を終えた次第です。

ちなみに、娘の人種記入欄、日独ミックスという形がとれなかったので、
"Eurasian"にチェックを入れました。

まあ、これは、常夏国生まれの記念ということで...。

産後の迷信@常夏国。それは衛生的に...。

赤道直下の常夏国。

妊娠・出産にまつわる迷信は前記事だけには留まりません。

今回は産後の過ごし方について。

これも、華人系の迷信なのですが、なんと、

出産後1ヶ月はお風呂に入ってはいけない
(※もちろんシャワーもシャンプーだって厳禁)

というものがあります。

この現代にそれは衛生的にどうなんですか?!!というツッコミは無しでお願いします。

彼らの理論によると、

出産により、体中の毛穴が開いてしまっているため、
出産直後にお風呂やシャワーを使うと水の気がそこから入り込み、
身体を冷やしてしまうというのです。
そうならないよう、お風呂もシャワーも使わず、シャンプーもせず、
ひたすらパウダー(シッカロールのようなもの?)を体中に振りかけて、
安静に過ごすのだそう。

これは、私が実際に妊娠中、定期検診に行く途中のタクシーの運ちゃんに
「アンタ外人だから知らないんだろうけど、ちゃんとしなきゃダメだよ」と
大真面目に力説された、実話でございます。

あら、タクシーの運ちゃんの言う事だなんて、とお思いの方。

常夏国は国の政策で外国人を多く雇用しており、永住したい外国人にとって、
常夏国の国籍を取得することは諸外国と比較するとかなり易しいのですが、
何故かタクシーの運ちゃん業だけは生粋の常夏国人しかなれないのです。
そのため、この話もただのそのへんのおっちゃんの与太話ではなく、
常夏国の華人社会の中ではいたってノーマルな事であると
推察されるわけです。

閑話休題。

こちら常夏国の華人の一般のご家庭では、夫婦共働きが基本です。
家事についてはメイドさんを雇っていることが多いので、
新生児のお世話(おむつ替えとか沐浴)も勿論彼女達に協力してもらいます。
お母さんはひたすら寝て、おっぱいをあげるだけ。
また、産褥期は豚肉と生姜と㊙スパイスをグッツグツに煮込んだスープや
もしくはそれら食材を使った産褥期の為の特別な料理を摂取することが望ましいため、
そういった事に詳しい、スペシャリストのメイドさんを特別に雇う事もあります。

こうして、産後のお母さんはひたすらベッドで寝て過ごすこと1ヶ月...。
(いくら室内はクーラーがんがんとはいえ、常夏国は平均外気温30度前後、湿度は60-70%です)

経験者によると、

体中にエネルギーがみなぎり、
産前よりももっと元気
になるんだそうです。

冷え性や婦人病で悩んでいたのが無くなったケースもあるんだそうで。

常夏国は在住邦人が多く、産褥期のためにメイドさんをわりと手軽に雇える環境もあり、
この迷信を実行なさった方がちらほらいらっしゃる模様。
そして、この方法で元気になったので、次回の産褥期もまたこれで!と仰る方も。

1ヶ月シャンプー無しに耐えられる方、

是非、お試しを...。

(常夏国、外国人が行くような大手の病院には日本人通訳さんが常駐していたりするので、
英語ができなくても日本語で何とかなったりします)

おっと、衛生面?中○四千年の歴史からみたら、些細なことなんですよ、きっと(爆)


医療と迷信@常夏国

赤道直下の常夏国。

医療水準が先進国比較でかなり高く、医療ツーリズムも盛んな国ですが、
その医療水準が向上した裏の事情って、皆様、何だと思われます???

それは、迷信。。。

この現代に迷信をふかぁ〜く信じ、実行していらっさる人々が、
こちらの国では多数派と呼んでもおかしくないほどいるのです。

例を挙げるとこんな感じ。

まず、妊娠がわかると、出産予定日前後で、
子供を産む日=帝王切開する日を占い師に相談に行きます。

相談された占い師、
「この年で、この月だと、この日がいいよ」
とかいくつか候補を出します。
(※高○暦と風水のミックスみたいなものだと思ってください)
細かい人は時間まで見るんだとか。

それに合わせて、今度はお財布と相談。

日曜日とかだと費用が跳ね上がるので、出来れば平日にしようとか。
いやいや、一生の問題だから、日曜日だけどこの日にしようとか。
可愛い我が子の一生の問題ですから、皆さん本気です。

ぶっちぎりで一番人気は8のつく日です。

何故かというと、"8"の発音が常夏国の公用語の一つにおいて、
"お金持ち"を意味する文字と同じなのです。
かつげる縁起はかつげるだけかつぎたい。(くどい)
そんなわけで8の日はどこの病院も常に大混雑ですが、
皆さんさくっと入院し、帝王切開でさくっと出産なさっていきます。
(そして出産翌日に退院)
通年でこんな感じですから、一人の医者が扱う件数自体が多く、
医療水準が上がらないわけがないという状況なのです。
医療の発達に迷信?!!とお思いの方、本当にこんな国があるのですよ。。。

ちなみに、切りたくない人は、無痛分娩を選択します。
私を担当した麻酔科医は女医さんでしたが、
彼女が現れた瞬間のことは今でも忘れられません。
母国や欧州某国だったら通常白衣を着ているであろうところが。。。

長いロングのソバージュヘア(古い)をなびかせ、
白衣ではなくハイファッションに身を包み、
一目で高級とわかる大きなおステキかばんを脇の机の上に無造作に置いて、
分娩台の上にいる私に微笑んだのです。

(これが少女漫画だったら、間違いなく背景に大輪のバラとか
キラキラのお星様を大量に背負っています)

「ハーイ、気分はどう?今から麻酔を打つわね。でも大丈夫!じゃあ始めるわね!」

一瞬、医者なのか、通りすがりのゴージャスおねえさんなのか迷います。

そうこうしている間にもきびきびと準備がなされ、ぷちっと注射を打たれ、その間、わずか数分。。。

麻酔を打ち終わった彼女、私の手を握り、

「終わったわ!麻酔効いてくるから、ちょっと痺れる感じするけど、どうかしら。
大丈夫そうね。心配しないでね。じゃあ、グッドラック!」

やっぱりにっこりおステキスマイルで、軽やかにハイヒールならして去っていくのでした。

医療従事者のスタンスとして、母国とも欧州某国とも全く違うわけですから、
かなりのカルチャーショックだったのは、言うまでもありません。
麻酔を打ちにきたというより、顔見に寄ったわ〜といった趣き。
一見、真面目というよりラフ。自然体。でも腕はピカイチ。
何をどうしたら、この職種で、こんな働き方ができるんだろう?と、
それは今でもこの国の不思議な部分です。

本題がそれましたが、迷信話@常夏国、ちょっと続きます。



はじめまして。

Kisaと申します。

日々の中で思ったことを綴ります。
よろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。