スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美食の都の夕ご飯。

先日、香港に行ってきました。

滞在中の一日、午前中からフェリーでマカオまで足をのばし、
夕方また香港へ戻ってきたのですが、
戻ってきたときにはあまりにもお腹が空き過ぎていたので、
フェリーターミナルの入っているビルにあるマックで
急遽夕ご飯にすることにしました。

美食の都にまで来てマックなんて...と一瞬思ったものの、

これがこちらの予想を大きく裏切ってくれました。

ポテトが美味ーい!!

カラッと揚がって、塩気もちょうど良く、
食べ終わる前にお代わりのオーダーを旦那に頼んだほど。

常日頃から、揚げ物好きと自称・公言して憚らない常夏国人、
市内には数百メートルおきに揚げ物屋があるといっても
全くオーバーではない常夏国、
「百回くらいここのポテトを食べてからおっしゃい!」と
全く関係ない某国人の旦那相手に吠える私。

そしてスパイシーチキンバーガー。

常夏国のマックでもこの数年、不動の人気を誇るメニューですが、
これの香港バージョンのスパイシーさ加減が、
あまりに美味しくて美味しくて、

「香港を出発するまで毎食マックでもいい、
香港のマックが常夏国に進出してくれたら毎日通う!」


と旦那に断言するに至りました。

ここまで読んだら、「でも、常夏国にも同じメニューがあるんでしょ?」と
不思議に思われることでしょう。

はい、ございます。

ただ、常夏国のスパイシーチキンは、どういう味付けをしたら、

衣どころか肉まで激辛になるんだろうかというシロモノです。

しかも、そのレベルの辛さにもかかわらず、
肉が赤く染まっていないというのがまた謎...!

おそらく、香港のスパイシーチキンバーガーを常夏国で売ったなら、
「こんなのスパイシーじゃないラー!!(怒)」と常夏国人から非難囂々、
ひいては店舗運営がままならなくレベルだと思われます。

また、それだけにとどまらず、常夏国のマックでは、

「ポテトにはチリソースをお付けする」のが王道です。

ケチャップは、客側からわざわざ申し出ないと貰えません。

(注)ドライブスルーでは小袋入りのものをくれますが、店内で食べる時は
自分でケチャップディスペンサーからプラスティックの小皿に取るシステム)


そんな常夏国に住んでいるものですから、
香港では普通にポテトにケチャップの小袋が添えられているのを見て、
日頃冷静な旦那ですら軽くテンションが上がったのは言うまでもありません。
(私は塩だけで十分なのですが、某国人旦那はケチャップが無いと駄目らしい。謎)

ちなみに、現地で働いているいとこと数年ぶりに再会したのですが、
「今のところ香港で食べて美味しかったもの?マック!」と勢いよく答えて、
撃沈させてしまいました。
美食の都まで来て、どうもすみません。

なけなしのマイルをはたいて香港に連れて来た妻の反応がこんなので、
旦那が後悔していないことを祈ります。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。