スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.11考。

9.11が近づいたある日、自宅でテレビをつけたら、
星条旗国の日系人を追ったドキュメンタリーがふと目にとまった。

9.11直後、星条旗国内の空港において、アラブ・イスラム系の
乗客に対する手荷物検査を強化・徹底しようという世論が高まる中、
「いかなる問題も人種で差別してはならない」と"人種プロファイリング"を
断固として拒否した、当時の運輸省長官、アジア系初の星条旗国閣僚でもある
Norman Minetaさんを中心に、日系人が9.11直後にアラブ・イスラム系の人々への
差別へ立ち向かった姿に迫った番組で、ついつい見入ってしまった。
(ちなみにMinetaさんは日系2世、第二次大戦当時の強制収容所も経験しており、
戦後、星条旗国政府による日系人への謝罪と名誉回復に尽力した第一人者でもある。)

9.11直後、「アラブ・イスラム系の犯行という情報が出ている。
私は外に出るのが怖い」とラジオにメッセージを寄せ、
それを聞いてすぐに「人種差別が行われないよう」呼びかける行動を起こした
日系女性(やはり強制収容所経験者)の話や、
モスクに礼拝に来ている人達へのインタビューもあった。

日本のテレビのインタビューに答える星条旗国の中東系の人達は、
某国の同郷の人達と比べて、びっくりするほど落ち着いてみえた。

「差別は起こるかもしれないけれど、でも大丈夫だと思う」と
淡々と語る人の姿が目立っていた。

もしもこれが某国だったら? 

...こんな受け答え、想像できない自分がいる。

この差って何なんだろう。と思った瞬間、

ああそうだ、彼らは皆星条旗国で、独立して生計を立てているんだから、
どんな状況においても揺るぎない、確固としたものがあるはずだと、
ちょっと合点がいった。

星条旗国は、自分で働かなければ、生活の保障なんて「無い」。
自分のルーツや伝統を大事にするためにモスクに集うけれど、
誰もが真面目に働き、税金を納め、星条旗国の国民の義務を果たしている。
彼らの子供達は皆学校で英語を学び、星条旗国の教育を受入れ、
星条旗国人たろうとしている。

某国では、最近、イスラムの常識を学校に持ち込み、男子生徒が女性教師を脅し、
授業を妨害し、ついには教師の嘆願で閉校という事態@首都が起きているけれど、
星条旗国で、中東系生徒による授業妨害だとか事件なんて聞いた事がない。

何がどう違ったら、こんなに違ってしまうんだろう。

9.11以来、某国における中東系による犯罪は劇的に増えた気がする。
元々多かったけれどあまり報道されなかっただけなのか、
それとも9.11の影響で、某国の彼らにより目が(それも「差別的な」目が)
向けられるようになったのか??

星条旗国と欧州某国、比べても仕方のない話かもしれないけれど、
実際問題として、某国での中東系による犯罪率は赤丸急上昇。

私は9.11当時ちょうど某国で語学学校に通っていて、
中東系のクラスメートも沢山いたので、彼らに対する差別があったのは薄々知っている。
(事件直後から「一人で外を歩くと危ない」といって、
日頃は会話がない年齢差の人達ですら一緒に行動していたので、
おそらく暴言や言いがかりがあったと推測)

だから、中東系を理由に差別って本当に良くない!とは思っているんだけれど、

うちの旦那が、兵役に行っていた当時、軍服で歩いていただけで
中東系のにーちゃん達にヒューッと口笛吹かれ、
(口笛一回)豚が一匹、(口笛二回)豚が二匹...とケンカ売られたとか、
数年前にも、軍服着たまま空港(旦那の地元)を歩いていたら、
(※予備役なので、某国に帰省するタイミングで行事があると参加したりする)
「人殺してきたんだろう!」と叫ばれたりするのを聞くと、
それはそれで、たまったもんじゃない...。

本当に、某国ではこの問題はどう落としどころを見つけるんだろうか。
我慢している某国人は、かなりの我慢を強いられているんですけど???

話は戻るけれど、このNPKさんの番組、とっても良かったのです。
強制収容所経験者も、今だからこそ話せるという思いもあったのだと思うし、
星条旗国における日系人の歴史、強制収容所での生活ぶり、そして現在の姿、
知られざる一面がかなり明らかにされた感じです。

ただ、「中東系=悪い人じゃない!差別はよくない!」という描き方、
これは構成上の都合でもあるだろうし、
勿論星条旗国においては「そう」なんだろうけど、
情報の受け手である多くの日本人は、
「星条旗国でこうなら欧州でも同じなんだろう」と思ってしまいそうな気がして、
ちょっと唸ってしまった。

NPKさん、次回は欧州某国の移民政策と現在の姿もドキュメンタリーにして、
「『欧』の人々・『米』の人々」なんて感じで、
セットで流してくれないでしょうか。

でも、某国の彼らに突撃インタビューするような猛者なんて、さすがにいないか...。


スポンサーサイト

某国女子の今昔。

今年の夏は某国に約1ヶ月ほど滞在しておりました。

旦那は出張や友人の結婚式でちょこちょこ帰ってましたが、私にとっては2年ぶり。
その昔、某国で一人暮らしを始めた日から数えるとちょうど10年目に当たります。

今回一番びっくりしたのは、

某国女子のスカート及びレギンス着用率↑UP!
レギンスの普及で、スカートスタイルへのハードルが下がってきた印象を受けました。
女の子モード全開のお洒落&可愛いショップも増えてきている気がします。
柔らかい雰囲気の、可愛いらしい女子も増えてきている気がします。
某国にお住まいの皆様、いかがでしょうか?

ようやくお洒落に目覚めてきたのか、はたまたフェミニストの洗礼を受けていない、
もしくはフェミなんてどうでもいいと思っている若い世代が増えてきたのか???

昔、某国に住んでいた頃、ショップでスカートが売ってはいても、
実際に街中でスカート履いてる女子はごく稀で、
冬場はともかく、夏場でも、パンツスタイルが多かった記憶があります。
とりわけ女子学生の中で「スカートなんて、女アピールうざっ」というような
風潮だった気も。
あれってなんですかね。
そういう時代だったんでしょうかね...。

勝手な憶測ですが、
某国の教職者に多いフェミニスト、その一番強気な世代がそろそろ退職になり、
影響が薄れてきているのかなあ...なんて。
それはそれで良かったなあなんて思う私は、自称・保守派でございます。

女性が女性らしい格好をし、お洒落を楽しむ余裕があるということは、
つまりは平和な時代なわけで、良いことだと思うのです。
私は個人的には、男は男でいい、女は女でいいと、そういうスタンスです。
どっちの性であっても長所短所はあるわけですし、
それならそれぞれが今の自分を楽しむ方向でいったほうがいいかなと思っているので、
今回、某国女子もやっと楽しみだしたのかな〜なんて、
なんだかちょっと嬉しくなったのでした。

最近の世の中ではあまり声高には言えないので、個人ブログで呟くのみですが...。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。